others

21. 06 / 28

揺れ動く時代のなかで

揺れ動く時代のなかで
ザ ハウスさんにプロデュースして頂いた「相模原の家」が、クライアントのインタヴューとともに紹介されています。

ザ ハウスで建てた家

この住宅の計画時も完成時も世界がウイルスの猛威に翻弄されることになるなど1mmも想像していませんでしたが、突然不穏な時代が到来しました。 そんな状況のなかにあって、住宅を愉しみ、かつ快適に過ごされているお話をクライアントから伺うと本当に嬉しく思います。

 

この状況を人類のそこそこ長い歴史の中において俯瞰してみると、戦争や飢餓・被災など、さらに凄惨な状況もあったと考えます。 歴史や時代は、振れ幅の差こそあれ、揺れ動くことがデフォルトだと考えるべきでしょう。

そのなかでクライアントと共に、改めて「住むこと」や「豊かさ」、ひいては「生きること」について意識を向けるとともに、しなやかに意識を新たにし、魅力ある住宅(暮らし)をつくっていきたいと考えています。

 

photo:Akinobu Kawabe

[others]

< back