Nakano-ku Tokyo/東京 中野区
2009
House in Nakano/中野の家

 都心の小さな菱形の敷地に建つ木造3階建ての住宅。
同世代のご夫婦であるクライアントの要望は「明るく、収納が多い掃除のしやすい家」だった。使いやすい収納を無駄なく組み込みながら、隣接した住宅の存在を払拭させる意識的な広がりをもつ住宅。周りの環境や、厳しい法的な条件の影響に捕われない自立的な住宅をイメージした。
 2階のリビングやダイニングは天井を高くして大きな体積を確保した。1階の寝室は静かに眠るために天井を低くし朝日が入る方角に配置し、3階の個室は他室と違う方角を向くようにしている。目的に応じたさりげない特徴をもった各部屋が集まり、シンプルな外形としてひとつになっている。 遠くを見通せる窓、隣接した住宅の間を視線が抜けていく窓。光りを入れる窓、風を入れる窓。それぞれの窓の位置と大きさは「食べる、くつろぐ、読む、寝そべる」といった日常の行為と呼応している。各部屋のコーナーに窓を設けているため、視線は留まることなく外部に抜けていき、光はなめらかに室内に導かれる。 住宅に入ってくる様々な光と景色の中心に、居場所を感じてもらえる住宅になったと思う。
 工業的な外装材のドライなイメージに対して、インテリアは素材感のあるやさしい仕上げになっている。正方形の外形をした単純なプランがもたらす構造的な安定感と四角いカタチに守られた安心感から、室内では意識が外部に抜け出る開放感が得られる。相対する要素による、両義的な感覚の重なりが、この住宅のかたちのない個性になっている。