news
design
travel
books
music
movie
diary

blog top

curry curry & curry

13.01.29

インド旅行での食事について(建築についてより先に)お話しします。
ご存知の通り「カレー」です。毎日、毎日、カレー。でした。
旅行計画中はカレーばかりの食事に飽きてしまうだろうと思っていましたが、全く問題ありませんでした。
それは、野菜カレー・ダルカレー(豆カレー)ばかりといっても深みのある味付けでどれも美味しく、ヨーグルトやチャツネを自分でブレンドして食べるカレーは満足感の得られるものばかりだったからです。

インドではデリー、アーメダバード、ハリドワール、リシケシ、アグラと駆け足でまわりました。アーメダバード、ハリドワールでは菜食主義者が多いようで、滞在中はベジタリアン食で過ごしました。

curry1

小さなカップに入った南インド料理。おかわりを入れてくれます。
@ Delhi

curry2

アーメダバードのクジャラート料理。ラッシーと共に。
インドには、塩味のラッシーがありました。はじめて飲みました。

curry3

こちらもクジャラート料理。ベジタリアンです。
何種類ものお料理が小さなお皿に入った、とても楽しいワンプレートです。

curry4

移動中の列車でもベジかノンベジか確認され、ベジを選択。
1等車だったので、フルコース? コロッケの前菜が出てきました。ヤクルトはホテルの朝食にて入手。

curry6

メインはやはりカレーです。

curry7

こちらはアグラで食べたマトンカレー。久々のお肉カレーです。
タージ・マハルの見える屋上レストランにて頂きました。

chai

そしてインドとえばチャイ。甘くてスパイシーな美味しいミルク紅茶。
1杯 5rupees(7.5円)程。道ばたで作って売っています。
みんなしばらく雑談をしながら立ち飲みしていきます。

多くのインド人が、素手で食事をしていました。(左手は不浄なので右手だけを使いますが、スプーンもほとんどのレストランで用意されています。)
味覚・嗅覚・視覚だけでなく、汁っぽいカレーやゴハン粒の触感を指先で感じる(味わう?)食事は、今まで体験したことのないものでした。

travel ]
0 comments


朝霧のなかに

13.01.17

KandalamaJPG

スリランカの建築家、ジェフリー・バワが設計したカンダラマホテルで新年を迎えました。インドとスリランカの旅では、ルイス・カーンやル・コルビジェが設計した建物を見てきました。偉大な建築家が設計したすばらしい建築や、歴史的な建物をすこしづつ紹介していきたいと思います。

Srilanka . Kandalama / 2013 . 01 . 01

travel ]
0 comments


Swiss Barn

12.11.11

barn

切り妻屋根。
それを「人類が発明したカタチ」というとすこし大げさですが、
世界中のどこでにでもある、なんでもない三角屋根に惹かれるのは、
今も昔も、きっと未来も、その下に空間をつくり、
強い陽射しや冷たい風雨から人や物資を守ってくれるからかもしれません。

swiss . quadras / 2011.09

travel ]
0 comments


3 / 9« First...2345...Last »